iemiru

ログイン

Icon small house

エリア×イベント種別から探す

×

Icon small calendar

エリア×日付から探す

×

iemiru コラム vol.47

建て替えとリフォーム、選ぶならどっちがお得?

.

「家屋の劣化が気になる」
「水廻りに大規模な改修が必要になった」
「家族が増え、今の間取りでは手狭」
 
住み替えを考えはじめたとき、新たに建て直すか、リフォームするかで
悩まれる方もいらっしゃると思います。
いずれも条件により制限や負担が異なりますが、あなたのマイホームに合う
パターンは一体どちらでしょうか。
今回は、比較検討の際に参考となるような具体例をご紹介します。

建て替えとリフォームの違いって?

そもそも、両者の違いとは何でしょう。
「建て替え」とは、今ある住居を一度解体し、基礎部分から新たな建物を築く方法です。
一方、「リフォーム」は建物の改装のことで、間取りの一部を改修する「部分リフォーム」と、基礎部分は残しつつ内外装全体を改装する「フルリフォーム」に分かれます。
 
早速、下表を参照しながら、それぞれの特徴を見ていきましょう。

[表1]項目別にみる違い

[表2]メリットとデメリットの一例

あなたにオススメのタイプは?!

ここまでで大体の概要をお分かりいただけたでしょうか。
おさえておきたいポイントは4つ。
「築年数」
「改修規模」
「予算」
「工期」
 
上記の条件をもとに家族構成やライフスタイルを加味すれば、建て替えかリフォームか、
よりスムーズに選択しやすくなるでしょう。

〇こんな場合は<建て替え>

・全体的に経年劣化が激しい
・間取りを一新したい
・叶えたいこだわりがたくさんある

〇こんな場合は<リフォーム>

・築年数が比較的新しく、部分的な改修だけでOK
・費用はなるべくカットしたい
・工事は短期間で終わらせたい
 
 
さて、次回。
「住まいの改修だけじゃない!<リノベーション建築>の魅力って?」と題し、
近頃話題のリノベーション建築についてお話ししたいと思います。
お楽しみに!

住宅会社様へ 住宅イベントを発信しませんか?
  • シェア
  • ツイート
  • はてブ
  • シェア