住まいの改修だけじゃない!<リノベーション建築>の魅力って?

住まいの改修だけじゃない!<リノベーション建築>の魅力って?


<リフォーム>と<リノベーション>の違いって?

「住宅の経年劣化が目立ちはじめた」
「中古物件を購入した」
「親から譲り受けた家に住んでいる」

こういった場合に、住まいの補修や改修を検討される方が多いと思います。住宅情報誌などでは<リフォーム>や<リノベーション>という言葉をよく目にするのではないでしょうか。リノベーションは<リノベ>と略されることもありますね。
いずれも既存住宅の構造部分を残して工事をする点は共通ですが、その他にどんな違いがあるのでしょうか。

〇リフォーム
英語のreformが語源。本来は「改正する・改善する」という意味ですが、日本では「洋服を作り直す」「住宅を改築する」という時によく使われます。一般的には、住宅の性能が新築時と同程度になるケースを指します。

〇リノベーション
英語で「改革・刷新」の意。住宅業界では、リフォームよりさらに大規模な改築のことを示します。また、工事のスケールだけでなく、住宅の性能や価値を新築以上に向上させる狙いがある点もポイントです。

いまなぜ、リノベーションが人気?

古民家の梁は丈夫な上、趣があることから、「見せ梁」としてあえて残すことも。

一時期話題を集めた古民家やビンテージマンションのリノベーションも、ブームとなって久しいですね。「昔ながらの住まいを活かす」という点では、古いモノの価値を見直し、エコ志向に傾倒しつつある現在(いま)の時流に合っているのかもしれません。
また、「外観はレトロでも、中に入った途端に別世界が広がる」という雰囲気のギャップも面白味のひとつでしょう。
さらに、性能面の向上を同時に実現すれば、一から建て替えるよりも大幅なコストダウンを図れるのが大きなメリットでもあります。

リノベーションではどんなことができるの?

見た目や使い勝手だけでなく、「暮らしの質」をグレードアップさせる目的も兼ねたリノベーション。続いて、実際にどんなケースがあるのか見ていきましょう。

キッチン横に小上がりの畳スペースを設け、家事の合間にほっこり。また、料理中でも子どもの様子を見守れるメリットも。

キッチンカウンターを対面式にすることで、会話をしながら料理ができるように。大きな窓からの陽射しも心地よさそう。

シューズインクローゼットやウォークインクローゼットを設け、季節物のアイテムをすっきりと収納。

高齢の家族に配慮したバリアフリー対策。各部屋の段差をなくして移動をスムーズに。

ペット対策として、爪とぎなどで傷がつきにくい内壁を採用。キャットウォークや専用トイレを配し、ペットとの同居が楽しくなる設計に。

いかがでしたか?


マイホーム改造計画は、ライフスタイルの数だけバリエーションがあります。リフォーム同様、建て替えに比べて一部条件に制約があるものの、基礎を活かしつつビフォーアフターでがらりと印象を変えられるリノベーション。空き家問題が社会全体の課題として深刻化する中、今後もますます需要が増えそうな気配です。

この記事のライター