省エネのカギは『窓』にあり?!~結露を防いで断熱性アップ!

省エネのカギは『窓』にあり?!~結露を防いで断熱性アップ!


暑い夏や寒い冬など、特に寒暖差の激しい季節は、室温も外気に左右されがち。 「室温を快適に保つには、気密・断熱性を高めることが大切」という話は、 みなさんも耳にされたことがあるのではないでしょうか。 断熱材の性能は日々進化していますが、基礎に関わる工事が必要なため、 家を建ててからでは導入するのが難しいのというのが現状です。

そこで今回は、もうひとつの解決策として、 『窓』の存在にクローズアップしてお話ししたと思います。 窓や玄関といった、いわゆる住居の「開口部」は、外と内とをつなぐ部分。 当然、外気温の影響を一番受けるエリアなんですね。

それでは次に、外気の流入を緩和し、窓まわりの断熱性能を上げるための方法を 見ていきましょう。

①「二重窓」にする

「二重窓」は、「二重サッシ」とも呼ばれ、メインの窓の内側に もうひとつの窓を設置する方法です。 もともと寒冷地では標準仕様の家が多かったようですが、近年は省エネ効果への 期待から、全国的にリフォームの需要が増えてきているようです。

設置は内装業者に依頼できますが、DIYが得意な方はホームセンターで 資材をそろえて、自ら取り付けてしまうとか。 インターネットでも詳しくハウツーを教えるページがあるので、気になる方は チェックしてみてくださいね。

②「複層ガラス」を入れる

さらに、二重窓に用いるガラスにも注目。 中空層に特殊な金属膜を貼り付けた複層ガラスは「トリプルガラス」とも呼ばれ、 一般的な単板ガラスと比較して熱の出入りを半減させる効果があります。 用途によって種類がさまざまあるので、予算に応じて比較検討してみるのがよいでしょう。

寒さ対策には…「高断熱複層ガラス」 室内側の中空層に金属膜を採用。 陽射しを取り込み、暖房の熱は室内に反射するので、寒いエリアに最適。

暑さ対策には…「遮熱複層ガラス」 屋外側の中空層に金属膜を貼付。 陽射しをカットしつつ、室内温度をキープするので、冷房効果がアップ。

まだある!二重窓のメリット

二重窓のメリットは、断熱効果だけではないんです。 室内外における寒暖差の緩和により、カビの原因となるいや~な結露を防止します。 また、内窓をつけることで、防音対策にもつながります。

内側に窓が増えることで部屋が狭く感じると思われるかもしれませんが、 そこはひと工夫。 サッシのデザインやカラーを控えめにすることで、ある程度は圧迫感も 軽減できますよ。

この記事のライター