家が建つまでの流れは?

家が建つまでの流れは?


家を建てるには、どんな手続きが必要?

家を一軒建てるには、一体どの程度のプロセスが必要なのでしょうか?実際に工事が始まるまでには、住宅会社を選定してから、プランを練って見積もりをとったり、契約を結んだりと、さまざまな手続きが発生します。今回は、住宅が完成するまでの一連の流れを、順を追ってみていきましょう

①住宅会社選び 住宅会社のタイプについては、前回のハウスメーカー・工務店・設計事務所の違いは?の回でお話ししました。気になる会社があれば、住宅展示場やモデルハウスに積極的に足を運んでリサーチを。「これぞ自分たちの理想!」という会社に出会うための、大事なはじめの一歩です。

②打ち合わせ 住宅会社が決まったら、より具体的な打ち合わせがスタートします。まずは、自分たちの要望を伝え、デザインや間取りなどのプランを相談。見積もりをとり、実現可能な資金計画を含めて詳細をつめていきます。スケジュールの確認も忘れずに。なお、土地を所有していない場合でも、土地探しからお手伝いしてくれる会社もあるので問い合わせてみましょう。

③申込・契約 納得のいくプランが得られたところで、住宅会社との契約を交わします。実印や印鑑証明などの必要書類は、余裕を持って揃えておけば安心。手付金が必要な場合は、金額を確認し、支払い手続きを済ませます。些細なことでも後々大ごとにならないように、契約書や重要事項説明書には隅々まで目を通しておきましょう。

④着工 現地調査にはじまり、着工前に「地鎮祭」を執りおこない工事の無事や家の繁栄を祈ります。そして、改良工事・基礎工事と続き、建物の建設がスタート。竣工後は各所に不備がないか、入念な検査が入ります。

⑤引き渡し いよいよマイホーム完成!となったら、入居のための引越し作業を行います。新しくインテリアを揃えるのも楽しいひと時ですね。ご近所への挨拶回りも忘れずしっかりおこないましょう!

まとめ

いかがでしたか?こうした流れを事前に知っておくのと、そうでないのとでは、段取りのよさに大きな違いが生まれてきます。住宅購入は、人生で最も大きな契約のひとつ。納得のいく家づくりや、よりスムーズな進行のためにも、購入プロセスに関する知識はマメにおさえておきましょう

この記事のライター

話題のキーワード

iemiruで話題のキーワード


シックハウス症候群