見学会って、どんな種類があるの?行って・見て・比較しよう!

見学会って、どんな種類があるの?行って・見て・比較しよう!


これからどんな家を建てようか?そう思った時に一度は訪れたいのが、実際の住宅を内見できる見学会。

実は、「購入前に見学を行った人の方が入居後の満足度が高い」というデータがあるんです。

ただし、ひとことで「見学会」と言っても、展示場やイベントなど、開催内容はさまざま。

今回は、見学会にはどのような種類があるのか。また、それぞれの特徴にスポットを当ててご紹介します。

◯モデルハウス 住宅会社がお客様に展示するために建てている見学専用の家。展示期間終了後にモデルハウスをお得に購入できるケースもあります。

◯住宅展示場 住宅会社各社のモデルハウスが、一同に会する展示場所。同日に効率よく何軒も回れるので、比較検討しやすいのが特徴です。

◯完成見学会 建築されたばかりの、いわゆる「できたてほやほやの家」を見学できるイベント。いろいろな種類の家で毎週のように開催されるので、住宅会社のホームページや折り込みチラシをこまめにチェックしましょう。

◯OB邸見学会 竣工から数年、もしくはそれ以上経過した家を見ることができるイベント。住み心地や使い勝手など、オーナーの生の声を聞くことができるので、とても人気があります。

◯構造見学会 普段なかなか見ることができない、建築中の家の中身をみることができるイベント。建てる家を隅々までチェックしたい、そんな方にオススメです。

予約は必要?イベントの開催形式について

イベントの場合、開催内容によって参加形式が異なるのをご存知ですか?次に予約について、簡単にご説明しますね。

◯オープン制(予約不要) 担当者が常駐しており、予約なしで自由に見学・参加できるイベント。

◯予約制 休業日や人数制限などの理由により、予約が必要なイベント。

また、iemiruの中には、独自の「予約承認制イベント」があります。これは、お施主様のプライバシーに配慮した予約制イベントです。

最後に…

ここまでで、見学会の概要について大体お分かりいただけたでしょうか。図面で見るのと、実際の展示物を見るのとでは大きな違いがあります。見学会は、各社独自のデザインや性能など、家を建てる上で大変参考になるので、ぜひ積極的に参加してみてくださいね。

この記事のライター

話題のキーワード

iemiruで話題のキーワード


シックハウス症候群