勾配天井ってオシャレだけど手間が大変!?気になる魅力と注意点とは?

勾配天井ってオシャレだけど手間が大変!?気になる魅力と注意点とは?


勾配天井とは?

家づくりにおいて、「勾配天井」という言葉を聞いたことはありますか?勾配天井は近年増えている天井のかたちで、開放感や明るさをもたらす設計として比較的若い世代に人気です。今回はそんな勾配天井について解説します。当然ですが、天井のかたちは完成後に変えることはできません。ですから間取りや素材と同様、しっかり情報を集めて検討していただきたいと思います。

天井が斜めに勾配になっている天井のことを指す

勾配天井とは、天井となる面に傾斜がつき、斜めになっているものをいいます。いわゆる三角屋根と呼ばれる切妻屋根の住宅なら、中心の棟木(屋根の骨組みの一番高い部分)から左右に下がる形になります。一方向だけに下がっている片流れ屋根の場合は、屋根の形と同様、天井の一辺が高く、もう一辺が低く傾斜しています。

勾配天井は、ルーフバルコニーがあるような陸屋根(平屋根)の住宅ではあまり用いられることはありません。反対に、住宅密集地などで周囲への日照を確保するための斜線規制が定められている地域では、比較的傾斜の大きい片流れ屋根が採用されることが多く、屋根の形状に沿って内部も勾配屋根にすることが多いです。

屋根裏としてのデットスペースを、部屋の空間として使っている

多くの場合、勾配天井がある家では、屋根裏にあたる空間を部屋の一部としています。屋根裏部分に床を施工すれば収納として使うこともできますが、使わない場合はデッドスペースとなってしまいます。それなら部屋の空間の一部としたほうが無駄がないので、勾配天井を採用するケースが増えているのです。

勾配天井の魅力となるポイントとは?

それでは、勾配天井にするとどのようなメリットがあるのでしょうか。部屋全体に関わる設計なので、全体に与える影響は相当大きくなります。見た目だけでなく住み心地にも関わる部分ですから、しっかりチェックしましょう。

部屋に開放感が生まれる

日本の住宅では、部屋の床から天井までの高さは2400mmというのが一般的です。これを勾配天井にすると、角度にもよりますが最も高い地点を5000mm(=5m)という設計にもできます。通常の2倍以上高くなりますので、まるで山小屋やホテルのエントランスのように開放的に感じられます。

住まい全体を勾配天井にしなくても、家族が集まるリビングのみを吹き抜けの勾配天井にしたり、寝室や子ども部屋など一部に採用するケースもあります。

部屋を明るくできる

勾配天井にすると、部屋の上部が吹き抜けのようになり、高い位置に採光用の窓を設けることができます。夏と冬では日射角が異なるため、通常の高さの窓だと季節と時間によって日の入り方にばらつきがでてしまいますが、高窓なら一年中、自然光を取り入れることが可能です。このため、日差しが部屋の奥まで届くようになり、全体的に部屋を明るくすることができます。実際、勾配天井の住まいでは晴れた日なら日中は照明がいらないほどです。

1階部分のみの平屋で周囲に建物が建っている場合、どうしても日射がさえぎられて採光が難しくなることがあるでしょう。平屋なので建物自体の高さはありませんが、天井を勾配天井にして高窓を設ければ、より多くの日差しを室内に取り込むことができます。

視線を気にしなくて良い

室内から外を見た場合、高い位置に窓があると窓から空が見えることになります。天窓を設けなくてもいつでも空を見上げられるというのも、勾配天井と高窓の魅力です。「日中は青空を、夜は星空や月を見上げながらリビングで寛ぐ暮らし」なんて、素敵ですよね。

また、一般的に窓が多ければ多いほど光と風を取り込みやすいですが、同時に外からの視線も中に入れてしまいます。家の中の様子が外から丸見えというのは、プライバシーや防犯の観点から避けたいですよね。小さなお子さんがいればなおさらです。

その点、勾配天井にして高窓を設ければ、人が行き来する道路と高さの違いが生まれるため、視線はさえぎり、光と風だけを室内に招くことができます。何気なく外を見た瞬間に通行人と偶然目が合ってしまう、ということもありません。

通気が良くなる

勾配天井のメリットは他にもあります。通常、暖かい空気は上へ、冷たい空気は下へと流れます。たとえば高窓と腰窓を開けていれば、室内の暖かい空気が天井付近に集まって高窓から外へ抜け、同時に腰窓から新鮮な空気が入ってくることになります。つまり、部屋の中の空気が常に動くので、自然と住まい全体の通気が良くなるといえるでしょう。

可能であれば、建築前に担当設計士と現地を調査し、風の流れを把握しておくと、設計時に反映ができ、より通風の効率があがります。もともと住んでいる場所で建て替えを行うなら、既存の窓を開け閉めして風の通り道を確認しましょう。

梁がアクセントになる

一般的な木造住宅では、柱と梁で構造を組み、その上に仕切り壁を設けてつくります。その中でも梁は本来、天井の内側に隠れていて内側には見えない構造材です。しかし現在では、化粧梁といってわざと室内に梁のような部材を設け、意匠性を高めるデザインも増えています。古い日本家屋の小屋組などは、眺めていて迫力がありますよね。

勾配天井にすれば、化粧梁を設けずとも、吹き抜け部分に梁を見せることが可能です。水平にわたる梁が室内に見えていると、木材の質感が増して温かみを感じられますし、空間のアクセントとしても存在感を放ちます。見上げたときにどっしりとした梁が見えていると、なんとなく安心するものです。

勾配天井の注意点とは?

この記事のライター

関連するキーワード


勾配 天井

最新の投稿





竣工とは? 前後の流れや竣工式についても知っておこう!

竣工とは? 前後の流れや竣工式についても知っておこう!

本記事では「竣工」の基本的な知識をはじめ、建築工事終了前後の流れや「竣工式」について分かりやすく解説します。事前に知っておくことで、「竣工」前後のイベントを無事に乗り切りましょう!



全国の住宅イベント情報はこちら

全国の住宅会社情報はこちら

iemiruPLUS無料定期購読

R a n k i n g


>>総合人気ランキング
Icon pict arrow up 01