セントラルヒーティングってどんな機能?効率良く暖める機能を解説

セントラルヒーティングってどんな機能?効率良く暖める機能を解説


セントラルヒーティングってどんな機能?

セントラルヒーティングとは、建物の1ヶ所に熱源を発生させる装置を設置し、この装置から発生した温水、温風、蒸気などを循環パイプで各部屋へと巡らせて建物全体を温める暖房システムです。

ボイラーで部屋全体を効率よく暖める機能

セントラルヒーティングの熱源発生装置としては、一般的にボイラーが使われています。電気やガス、石油などを使いボイラーで温水や熱風を発生させて、建物内に巡らしている循環パイプを通じて各部屋のパネルヒーターへと届け、その輻射熱(ふくしゃねつ)と自然対流により部屋を暖めます。

床暖房もセントラルヒーティングの1つ!

設置すると快適で過ごしやすいと人気の床暖房もセントラルヒーティングの1つです。セントラルヒーティングというと壁面に取り付けるパネルヒーターが思い浮かびますが、床暖房もセントラルヒーティングの一種になります。部屋の用途に応じて壁面に取りつけるパネルヒーターと床暖房を使い分けたり併用してみてください。より快適な住空間にすることができます。

2種類セントラルヒーティング

セントラルヒーティングには、「温水式」と「温風式」の2種類があります。温水式と温風式では部屋を暖めるシステムが少し異なります。

温水式

温水式のセントラルヒーティングは、ボイラーで温めた温水を建物内部に巡らせている循環パイプを通じて各部屋のパネルヒーターへ届けることで部屋を暖めます。

温水式は水を媒体として熱を届けるシステムであるため熱損失が少なく、大きな建物の暖房にも使えるメリットがあります。ただし、温水を通して暖めるシステムであるため配管に高い気密性が必要であり、イニシャルコストがかかる傾向があります。

一般的にはセントラルヒーティングといえば温水式のことを指します。北海道のような寒冷地では温水式が選ばれることが多いようです。

温風式

温風式のセントラルヒーティングは、FF式ファンヒーターの大型版ともいえるようなシステムで温風を発生させ、その温風を建物内に巡らせている循環パイプを通じて各部屋へ届けて暖めます。熱源は電気やガス、石油などを使います。

また、建物内部に温風を巡らせることで暖めますから配管の気密性が高くなくてもよいというメリットがあります。ただ、温風には比熱が小さく冷めやすいという特徴があるため、小規模な建物でしか使えないというデメリットがあります。

セントラルヒーティングの仕組み

セントラルヒーティングは建物の1ヶ所で熱源を発生させて温めた温水や温風を建物内部に巡らせて各部屋を暖めます。セントラルヒーティングの仕組みの特徴としては、「火を使わない」、「耐久性が高い」、「空間デザインを損なわない」の3つがあげられます。

火を使わない

セントラルヒーティングは建物の1ヶ所で電気やガス、石油によりボイラーを稼働して、温水や温風を発生させることで各部屋を暖めます。ファンヒーターや石油ストーブのように部屋の中で火を使う必要がありませんから、火による事故の心配がなく安心です。とくに小さなお子さんやペットがいると火災ややけどが心配だったりもしますが、セントラルヒーティングなら安心して過ごせます。

また、部屋の中で火を使用しないため一酸化炭素や二酸化炭素が発生することもなく空気が汚れません。空気が汚れませんから、換気の必要もなく便利です。

他の温暖器具よりも耐久性が高い

セントラルヒーティングの耐久性は高く、エアコンなどの他の暖房器具よりも長く使えます。これは、セントラルヒーティングが熱源を発生させる「動力部」と部屋を暖める「温め部」が分かれているためです。もちろんメンテナンスは必要ですが、エアコンのように本体が壊れたらすべて購入し直さなければ使えないといった事態にはなりません。必要に応じてメンテナンスを行えば長く使い続けることも可能です。

この記事のライター

最新の投稿





竣工とは? 前後の流れや竣工式についても知っておこう!

竣工とは? 前後の流れや竣工式についても知っておこう!

本記事では「竣工」の基本的な知識をはじめ、建築工事終了前後の流れや「竣工式」について分かりやすく解説します。事前に知っておくことで、「竣工」前後のイベントを無事に乗り切りましょう!



全国の住宅イベント情報はこちら

全国の住宅会社情報はこちら

iemiruPLUS無料定期購読

R a n k i n g


>>総合人気ランキング
Icon pict arrow up 01