スケルトンリフォームでお得に新しい家を手に入れよう!メリットや注意点まとめ

スケルトンリフォームでお得に新しい家を手に入れよう!メリットや注意点まとめ


スケルトンリフォームでお得に新築気分!

「そろそろマイホームを購入したい」「老朽化で家を建て替えたい」。そんなあなたにおすすめなのが、スケルトンリフォームです。スケルトンリフォームなら、お得に新築気分を味わうことが出来ます。

そこで今回は、新築よりも安い価格で家を生まれ変わらせることができるスケルトンリフォームについてご紹介していきます。

スケルトンリフォームとは

スケルトンリフォームとは、その名の通り、一旦住宅をスケルトン状態にしてから、大幅にリフォームすることをいいます。壁紙や建具だけでなく、間取りまで変更することができるので、全く違う住宅に生まれ変わらせることが可能です。

新築よりも価格が安くなる場合が多く、中古住宅+スケルトンリフォームのスタイルも人気を集めています。

スケルトンリフォームの4つメリット

それでは、まずはスケルトンリフォームにはどのようなメリットがあるのかをご紹介していきます。

メリット1:費用を抑えて新築同然にすることができる

スケルトンリフォームの一番のメリットは、安い費用で新築同然の空間を手に入れることができる点にあります。「新築同然」と言うのは、見た目だけではありません。

骨組み以外は全て作り直すので、新しい機能や素材も取り入れることが出来ます。その上、価格としては、新築購入の3分の2程度や、場合によっては半額で行える場合がほとんどです。

今お住まいの家が、「耐震性や機能性で老朽化してきているけれど、建て替えするほどの費用はない…」といった場合に、スケルトンリフォームを選択肢の1つとして選ぶ方も増えているようです。

メリット2:間取りの自由度が高い

スケルトンリフォームなら、骨組みまで解体してから作り直すので、間取りまで変更することが可能です。間仕切りを取り払って2部屋を1つにまとめるといったことはもちろん、柱を抜いて全く違う間取りを新築の時のように作ることが出来ます。

マンションの場合でも、管理規定に違反しないか、構造上問題がないかをクリアできれば間取りを変更することが出来ます。ただし、事前の確認が非常に重要になってきます。

メリット3:耐震・断熱面でも安心

老朽化した住宅の心配と言えば、地震や火事が起こった際の脆さが挙げられます。しかし、スケルトンリフォームなら、内装や外装まで全て施工しなおすので、家自体の耐震・断熱性能を高めることが出来ます。

まず、住宅の耐震性を決めるのは、その基礎である土台と、耐力壁と呼ばれる壁の量です。

スケルトンリフォームは、耐震性に問題のある住宅であっても、その建物に最適な基礎補強を選択出来ます。また、壁も全て作り直すため、耐力壁を増やし、新築同然の耐震性まで高めることが出来るのです。

また、断熱性能に関しては、お好きな断熱素材を選ぶことが出来ます。そのため、新築と変わりない暖かさを保った家が出来るでしょう。

メリット4:減税・補助金制度が使える

スケルトンリフォームを行う場合に受けられる減税制度や補助金制度もあります。例えば、耐震リフォームや省エネリフォーム、バリアフリーリフォームを行うことで、所得税、固定資産税、贈与税などの減税措置をうけることができます。

スケルトンリフォームで注意すべきこと

メリットの多いスケルトンリフォームですが、既存の建物ありきで工事を行っていくため、注意点も多くあります。どのような点に注意すれば良いのかを確認していきましょう。

新築よりも技術が必要

スケルトンリフォームは、全く新しく建てる新築に比べて、骨組みにした住宅を見極めながらどこまで変更することができるか見立てる必要があります。

基礎の状態や度重なるリフォームのあとなど、解体して初めてわかることも多く、予期せぬ自体にも対応していく必要があるため、それなりの経験や知識が欠かせません。実績のある業者を選ぶことがもっとも重要と言えるでしょう。

この記事のライター

関連するキーワード


スケルトン リフォーム

関連するイベント


wiget_w300
wiget_w300