住宅の購入時期はどうやって決める?購入に最適なタイミングを解説

住宅の購入時期はどうやって決める?購入に最適なタイミングを解説


最適な住宅の購入時期はいつ?

住宅は人生で購入するものの中で最も高額だからこそ、なるべく損しないタイミングで購入したいですよね。しかし、住宅の購入時期を判断するのは難しく、いつ購入するのが良いのか決められない方が多いのです。

そこで、ライフイベントと社会の経済状況、2つのポイントから購入時期を考えるのがおすすめです。どのようなタイミングが最適な購入時期となるのでしょうか?一緒に考えていきましょう。

ライフイベントから考える購入時期の特徴

まずは、ライフイベントから考える購入時期を解説します。人生の節目にこそ住宅を購入する最適なタイミングが訪れますよ。

結婚

多くの方が住宅購入を考える時期は、結婚をしたタイミングです。結婚するタイミングであれば、夫婦お互いの資産を活用できるため、住宅購入の初期費用を捻出しやすいというメリットもあります。

ただ、結婚する時期は、結婚式や新婚旅行などで一時的に費用が重なるタイミングです。そのため、住宅の購入費と式や旅行などの費用、どちらにお金をかけるのかしっかりと考えておきましょう。特に、子供の人数などによっても間取りや部屋数が変わるため、将来的に何人で生活するのかを具体的に考えておくことも必要です。

妊娠・出産

妊娠や出産をきっかけに住宅購入することも多いです。実際に家族の人数が増えることから、手狭な住宅から広い住宅への引っ越しを兼ねて、新たに家を買います。具体的な部屋数などがわかりやすいため、このタイミングも適した住宅の購入時期といえるでしょう。

しかし、妊娠・出産する時期は体調変化が激しく、物件まわりや打ち合わせなどが体の負担になる場合があります。特に、出産後は赤ちゃんとともに土地や物件を探さないといけません。そのため、両親や家族、周りの方々と協力しながら、住宅購入までの手続きを行い、体の無理をして住宅購入を進めないことが大切です。

子供の入学

子供の小学校の入学時期に合わせることも適した住宅の購入時期です。特に、住んでいる場所によって進学する学校が異なりますので、子供を転校させないためにもこの時期に合わせるのが効果的です。また、小学校の入学から子供に一人部屋を与えることも多いため、この点からも設計や物件探しに適した時期といえます。

この時期に住宅を購入する際には、入学前に引っ越しを終わらせることに注意しましょう。準備から生活が落ち着くまで1ヶ月程度必要です。不安を与えないためにも、入学式の日から逆算して2ヶ月前には引っ越しが終われるようにスケジュールを組み立てましょう。

経済状況から考える購入時期の特徴

次は、社会の経済状況から考えた購入時期を解説していきます。税金など購入費用に結びつく社会情勢の中で、住宅の購入時期はどのように考えれば良いのでしょうか?

増税のタイミング

住宅購入を行う際に気になるのが増税です。過去に消費税が上昇した場合にも、駆け込み需要が増加し多くの方が住宅を建設・購入しています。消費税は土地や住宅の購入費用に直結していますので、税率が低い時に住宅を建設することで購入費用を抑えることが可能です。

ただし、消費税の増加に伴い駆け込み需要が増えると、その後住宅建築の需要が一時的に低くなります。すると、利益を上げたい住宅メーカーは増税前と同じ価格での販売・建築を行う場合があります。つまり、増税後も購入費用は据え置きや増税前よりも安くなる可能性があるため、一概に増税前に購入することが良いとは判断できません。

資材の高騰や需要

住宅を建設する場合には、消費税よりも建築資材の高騰に注意しましょう。建築資材の高騰により住宅全体の建築費用が高騰するため、増税以上に値上がりする可能性が高いからです。建築資材が高騰する場合には、複数の大規模施設が建設される、関税が高くなったなどが考えられます。

そのため、ニュースなどを毎日チェックしておき、資材が高騰する可能性が高い時期には、建設を控えることがおすすめです。また、住宅メーカーなどのホームページを確認しながら、どのように建築費用が変動しているかをメモしておくことでも、資材の値上がりを把握できますよ。

この記事のライター

関連するキーワード


購入時期 家づくり 住宅

関連するイベント


新築実例見学会in岡山市南区泉田

  • 岡山 完成見学会 予約承認制

新築実例見学会in岡山市南区泉田

2018年12月15日(土)〜2018年12月16日(日)

ハシモトホームズ

wiget_w300
wiget_w300