【連載】一級建築士目線の家づくり vol.3

【連載】一級建築士目線の家づくり vol.3

理想の二世帯住宅


日本社会では今や、核家族・単身世帯が一般的となっています。
しかし、共働き世帯増加による待機児童問題や東日本大震災などの未曽有の災害の発生に伴って、親・子(孫)世帯が同居(近居)する二世帯住宅の需要も高まってきています。

この二世帯住宅、親と子(孫)といえども別々の世帯が一緒に住むことになります。それぞれの世帯が、不満なく暮らし続けることは簡単ではありません。
この記事では、そんな二世帯住宅に焦点を当てて、「建築家が考える理想の二世帯住宅」について考えてみたいと思います。
これから、二世帯住宅を建てる予定のある方は、是非とも参考にしていただき、皆が幸せを感じられる家づくりを目指してみてください。

二世帯住宅をよく知ろう

まずは、二世帯住宅をよく知ることから始めましょう。
二世帯住宅とは、基本的に親世帯と子世帯の2つの世帯が同じ住宅に住む家として名づけられています。二世帯住宅は、一般的に以下の3種類に分類することが可能です。

完全同居型

イメージとしては、普通の一世帯住宅に夫婦の部屋が加わった感じです。
部屋の構成としては、「リビング、台所、トイレ、浴室、洗面室、個室(子世帯用、親世帯用、孫の子供部屋など)」となります。

完全分離型

完全分離型は、例えば「1階を親世帯、2階を子世帯」など独立した二つの住宅がくっついている感じです。2つのつながりは、扉1枚などで構成されます。
独立した住宅なので、「リビング、台所、トイレ、浴室、洗面室、個室」がそれぞれ二世帯分あるイメージとなります。

部分共用型

このタイプに関しては、様々なパターンを想定できます。例えば、「水回りを共有」・「玄関や居間を共有」など。
それぞれの二世帯のライフスタイルに合わせた形に構成されます。

独立した世帯、でも共同世帯であるという配慮

親世帯・子世帯といえども、配偶者など元は他人の人とも一緒に暮らしていくことになります。ゆえに、うまくやっていくためには、2つの世帯が互いに配慮していくことが大前提となります。

建築というハード面としては、どのような工夫ができるでしょうか。
二世帯住宅だからと言って形にはまったプランを考える必要はまったくありません。個々の家族にあったスタイルにすることが大切なのです。ここでは、いくつかのアイディアをご紹介します。

独立した世帯であるという配慮

キッチンを分ける

キッチンを分ける事には大きな意味があります。
その理由としては、「食生活の違い」ということが挙げられます。特に育ちざかりの孫などがいると、親世帯がその食生活についていくのは大変でしょう。
また、フルタイムで仕事をしている場合、どうしても食事をする時間はバラバラになりがちです。 生活・健康の基盤である「食」について無理に合わせるのは、互いのストレスの原因となってしまいますので、最初からキッチンを分けておくことをおすすめします。

サブリビングをつくる

親世帯と子世帯、年代が違えば、ライフスタイルも大きく異なるでしょう。
就寝時間や起床時間、また見るテレビ番組だって異なるかもしれません。そのような点でお互いが衝突をしないような上手な配慮が必要です。
そこで、「メインリビングと遠くない」かつ「視線が遮られる程度」の位置にサブリビングをつくってみてはいかがでしょうか。
この空間をプライベートスペースにして、お互いが好きな事をできるようにするのも良いと思います。

寝室は1階が親世帯、2階が子世帯にする

親世帯は年齢を重ねており、足腰が弱い方もいます。その様な場合、2階に個室があるのはきついものです。今は元気でも、将来的にはそうなってしまう可能性だってあります。そこで寝室の場所は、1階が親世帯で2階が子世帯という二世帯住宅がおすすめです。
1階と2階にそれぞれの世帯の寝室を分ける事で、程よい距離感を保ち、プライバシーを守ることもできます。

共同世帯であるという配慮

この記事のライター

ライター/Newshin(一級建築士)建築物全般の意匠設計を行う。建築に関する多様な執筆活動も行っている。

関連するキーワード


理想 家づくり 二世帯住宅

関連するイベント


新築実例見学会in岡山市南区泉田

  • 岡山 完成見学会 予約承認制

新築実例見学会in岡山市南区泉田

2018年12月15日(土)〜2018年12月16日(日)

ハシモトホームズ

wiget_w300
wiget_w300