バリアフリー住宅は高齢者のためだけのものじゃない!今すぐ「安心・安全・快適」な家づくりを考えよう!

バリアフリー住宅は高齢者のためだけのものじゃない!今すぐ「安心・安全・快適」な家づくりを考えよう!

近年、耳にする機会の増えた「バリアフリー」というワード。 高齢者のためのもの、というイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、そもそもバリアフリーとは、すべての人が安心・安全・快適に暮らせるようにバリア(障壁)を取り除くことを指しています。


バリアフリー住宅とは?

「安心・安全・快適」に過ごせる家のこと

近年、耳にする機会の増えた「バリアフリー」というワード。
高齢者のためのもの、というイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、そもそもバリアフリーとは、すべての人が安心・安全・快適に暮らせるようにバリア(障壁)を取り除くことを指しています。
わかりやすいバリアフリーの例としては、車イスや足腰の弱い人がつまずかないよう、部屋や廊下の境目に段差がない状態にしておくことなどが挙げられます。
高齢者や体の不自由な方、小さな子供から妊婦さんまで、家族全員が安心して暮らせる家がバリアフリー住宅なのです。

バリアフリー住宅は高齢になってから必要になるものではない!

「まだまだ元気だし、バリアフリーについては高齢になってから考えればいい」と思う方もいるかもしれません。しかし、老後にいざバリアフリーの工事を始めようとしても、高齢になるほど新しい設備への順応が難しくなるという問題もあり、精神的にも金銭的にも負担が一層重く感じられてしまうものです。そのため、バリアフリー対策は体が元気な働き盛りのうちからしっかりと備えておくのが得策だといえるでしょう。
そこで本記事では、バリアフリー住宅を検討する際のポイントや、おすすめのリフォームについてご紹介します!

バリアフリー住宅を考える際のポイント

体が弱くなってからも、自分の力で生活できる補助の設備を設置する

バリアフリー住宅の根幹には、自宅内での事故を未然に防ぎ、すべての人ができる限り自立して生活できるような住まいを作るという考え方があります。

住宅全体に取り入れたいバリアフリーの基本的なポイントとしては、

・部屋間を移動する際の段差を取り除く
・体が不自由になったときに車イスで動けるようスペースを確保する
・部屋間の温度差が大きいと体への負担が大きいため断熱性を高める

などが挙げられます。

よく利用する部屋はなるべくワンフロアにまとめる

住宅を新築するタイミングであれば、よく利用する部屋・設備をワンフロアにまとめると日常生活がスムーズになります。リビングとトイレ、浴室、ダイニングなどを同じフロアにすることで、移動時の身体への負担やストレスが少なくなるのに加えて、部屋間の温度差も小さくなるため急激な温度変化による体への負担を軽減することも可能です。

浴室におすすめのバリアフリー対策とは?

高齢になるにつれ、家の中で特に事故が起こりやすくなる場所が浴室まわり。住宅のバリアフリーを検討するとき、一番に考えたいポイントです。誰にとっても住みやすい住宅にするためには、水まわりの利便性がとても重要です。体が不自由になれば、濡れたフロアで滑ったり、浴槽をまたいだりする際に足がひっかかり転倒してしまう危険性があります。入浴介護が必要になるケースも多いため、浴室は入浴する人と介護する人が一緒に入れるようゆとりのあるスペースを確保しておくと安心です。
さらに、浴室では転倒以外にもヒートショックによる事故も多発しています(ヒートショック=急激な温度変化により血圧が大きく上下することで失神や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こし体へ悪影響を及ぼす現象)。それをふまえて、脱衣所と浴室に大きな温度差が生まれないよう配慮した設備が必要です。

入口はフラットで間口の大きい引き戸や折り戸がおすすめ

浴室の入り口は、段差をなくし間口を大きくとることが重要です。もしも浴室内で事故があった場合を想定すると、内開きのドアだと開閉ができなくなってしまう可能性があるため、新築・リフォーム時は引き戸や折り戸を選ぶようにしましょう。
また、引き戸であればスペースを有効に活用しやすいため車イスになった場合や介助が必要になった場合でも無理なく使用できるようになります。

水はけがよく滑りにくい床材にする

浴室内の床材は、転倒やヒートショックを防ぐために滑りにくく冷たくなりづらいタイプのものを選びましょう。古い住宅に多いタイルの床は濡れると滑りやすくなり、足腰が弱まってくると転倒の危険性が高まります。
また、タイルは表面が冷たいため浴室全体の温度が下がりやすくなり入浴時にヒートショックを引き起こす原因にもなりかねません。浴室の床材には、滑り止め機能付きや断熱性の高いもの、転んでもダメージを最小限に抑えられるようクッション性が高く水はけの良い素材のものを選ぶのがおすすめです。

複数の手すりを配置する

浴室内での転倒を防ぐため非常に重要なのが、適切な場所に手すりを取り付けることです。出入り口付近、洗い場の横、浴槽の内部など、入浴時の動作を想定しながら手すりの必要な場所を考慮して、設置するようにしましょう。

この記事のライター

関連するイベント


新築実例見学会in岡山市南区泉田

  • 岡山 完成見学会 予約承認制

新築実例見学会in岡山市南区泉田

2018年12月15日(土)〜2018年12月16日(日)

ハシモトホームズ

wiget_w300
wiget_w300