ペットに優しい家づくり「ネコ編」!快適に暮らすためのアイデアをご紹介

ペットに優しい家づくり「ネコ編」!快適に暮らすためのアイデアをご紹介


2017年のペットフード協会の発表によると、全国にいるネコの数は約953万匹となり、犬の約892万匹を超える人気ぶりが発表されました。近年はネコが多く住む「ネコ島」が話題になるなど空前のネコブームが来ており、その自由な愛らしさに夢中な方も多いのではないでしょうか。

本記事では、ネコと人間の暮らしにスポットをあてて、仲良く共存するためのアイデアをまとめました。これからネコを飼おうとしている方や、新築やリフォームでネコにあった家づくりを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ネコに優しい家をつくるポイント

ネコの特徴や習性を知ろう

ペットと暮らすときには、それぞれの居場所をつくってあげることが大切です。その居場所をつくってあげるためには、ペットごとの特徴や習性を知っておく必要があります。

例えば、ネコの場合は高い場所を好んで居座ることが多いですが、これはネコが木の上で待ち伏せして獲物狩りをしたり、単独行動でも周囲が見やすい場所を選んだりする習性から来ていると考えられています。そのため、家の中でリラックスしてもらうためには、高い場所に居場所をつくってあげることが大切です。

ネコの暮らしは3Dで考えよう

人や犬のように地面へ足をついたまま暮らす動物と異なり、ネコは高さのある場所を好んで行動するため、家づくりも3Dで考えることが大切です。高さや奥行きを意識して、楽しい空間をつくってあげましょう。

また、棚の上や手すりなど、家のなかを自由自在に動き回るので、いつでも想定外のことが起こり得ます。大切なものや危険なものは、ネコが触れられない引き出しの中などにしまうようにしてください。

猫に優しい家のアイデア

アイデア① 高いところから眺めるキャットウォークやキャットタワー

ネコは外敵に襲われる心配がなく、見渡しの良い高いところが大好きです。よくある壁沿いのキャットウォークやキャットタワーは、ネコのお気に入りなので積極的に設置してあげましょう。キャットウォークは壁や天井に穴を開けて、ネコ専用の通路をつくってあげると喜んでくれます。

アイデア② 隠れられる暗くて狭いスペース

ネコは高いところと合わせて、外敵に見つからず獲物を待ち伏せできる隠れ場所を好んだり、ときには穴をほって巣をつくったりする習性があります。そのため、人目につきにくい場所に、小さな小箱のような隠れ家をつくってあげると喜んでくれやすいです。

ちなみにドラマなどでは捨て猫が段ボールに入っていたりトンネルにいたりするイメージがありますが、実際にネコはそのような場所で安心するので、よく習性を表している演出と言えます。

アイデア③ リビングへ自由に入れるペットドア

野生のネコは基本的に単独行動する動物ですが、ときには集会に集まってくる光景をみることがあります。家にいるネコも、基本的には一人でぶらぶらしているものの、たまにはリビングで家族と過ごしたくなるときがあるものです。ネコが好きなタイミングでリビングに出入りできるよう、ペットドアを設けてあげると、自由度が高く安心して過ごしてくれます。

アイデア④  回遊性を高める壁の穴開け通路

ネコは縄張り意識が強く、自分のエリアをぶらぶらと警戒して歩き回る習性があります。そのため、ネコが家のなかを自由に動き回れるように、壁穴をつくって巡回路をつくってあげるのが大切です。家のなかの回遊性を高めることで、ストレスをため込むことなく、リラックスして過ごしてくれます。

アイデア⑤ さりげなく確認できるのぞき穴

回遊できる巡回路と同じように、いろんな部屋をさりげなく確認できるのぞき穴を設けてあげるとネコは喜びます。こののぞき穴はあくまでもさりげなく設けることが大切で、大げさにつくると目立ってネコがよりつかないので注意しましょう。書斎やキッチンなど、ネコが立ち入れないスペースをつくるときに、中を見られるようにしてあげると安心です。

この記事のライター

関連するキーワード


ペット ネコ 家づくり

最新の投稿






竣工とは? 前後の流れや竣工式についても知っておこう!

竣工とは? 前後の流れや竣工式についても知っておこう!

本記事では「竣工」の基本的な知識をはじめ、建築工事終了前後の流れや「竣工式」について分かりやすく解説します。事前に知っておくことで、「竣工」前後のイベントを無事に乗り切りましょう!


全国の住宅イベント情報はこちら

全国の住宅会社情報はこちら

iemiruPLUS無料定期購読

R a n k i n g


>>総合人気ランキング
Icon pict arrow up 01