後悔しない新築を建てる3つのコツ!

後悔しない新築を建てる3つのコツ!


新築でも後悔する人がいる?

新築といえば、多くの人にとって憧れであり、希望と夢に満ちたものと言えるでしょう。でも、中には新築の家を建てたばかりなのに、後悔と暗い気持ちでいっぱいになっている人もいるようです。

家作りに関しては、「3回建てて初めて満足する家を作ることができる」とよく言われます。でも、一生かけて返していくようなローンを組んだのに、2回も失敗なんて嫌ですよね?

そこで、家作りの際にとても重要と言われているのが「数多くの失敗談を聞く」ことです。今回は、家作りの先輩たちが何に後悔しているのか、してはいけないポイントはなんなのかについて解説していきます。

使い勝手の悪さが後悔の原因

新築を建てたのに後悔しているという人の多くが、家の使い勝手の悪さを感じているようです。高いお金を払って購入したのに、使い勝手の悪さを毎日毎日実感すれば、誰でも後悔の気持ちが強くなるでしょう。

家作りでは、あらゆる便利機能や素敵なデザイン、使い勝手の良さそうな設備に目移りしてしまいがちです。でも、それが実際の生活において「必ず使い勝手が良い」とは限りません。

使い勝手が良いとは、あくまでそれぞれの家族の生活スタイルや性格にマッチしていて、本人が「使いやすい」と感じることです。他の人にとっては便利だったとしても、必ず自分に置き換えたらどうなのかを想像してみることが大切です。

こだわりが強いことが余計に落ち込ませる

新築購入は、人生の中でも特に高い買い物です。安い品物なら、ある程度失敗してしまっても、また買い換えれば良いと思えるでしょう。しかし、容易に買い換えることができないからこそ、後悔の念は強くなります。

さらに、注文住宅で家を建てた人や、数多くの建売住宅を見学し続け、条件にこだわって購入した人ほど「なんであんなにこだわったのに……」と余計に落ち込んでしまうようです。

よくある?新築の後悔ポイント

それでは、ここからは新築のどんなところに後悔しやすいのか、3つの例をご紹介します。

無駄なスペースが多い

1つ目は、広さに関する後悔です。多くの人は、狭くて窮屈な家よりも、広々とした開放感のある家を求めています。しかし、中には良かれと思って作った空間が、結局無駄になってしまうケースもあります。

例えば……

 
取り入れた設備  後悔ポイント 
広々と明るい吹き抜けを作った! 2階の部屋や収納に使えたはずの空間が吹き抜けになっているので、荷物が溢れている 
2階にセカンドリビングを作った!  結局1階にみんな集まり使わない空間になった  
廊下を広めで開放感のある設計にした! 廊下の分だけ狭くなったリビングがとても不便。
大型の収納スペースを作った!   奥行きがありすぎて奥のものが取り出しづらく、結局使わなくなった  

このように、実際に生活の中で使うとどうだろう?という点についてしっかり想像せず、理想だけで取り入れると、このような後悔に繋がってしまいます。

不必要な機能

続いて、後悔しがちな例に挙げられるのが「不必要な機能」です。家作りをしている最中は、どんどん目が肥えてくるので、高性能の機能がとても魅力的に思えてくるのです。

しかし、例えばこんな機能をつけたことに後悔する人もいます。

 
取り入れた設備  後悔ポイント 
1日の疲れを癒すお風呂にテレビを設置した! 入浴時間が長くなり、家族からクレームが。結局ゆっくり見ることができない 
浴室暖房乾燥機を設置した!  洗濯機にも乾燥機能が付いているので、結局使っていない  
採光のために天窓を設置した! 天窓から雨漏りするようになり、家が傷んだ。また、紫外線も気になる
キッチンに床下収納をつけた!   使い勝手が悪く、腰も痛くなるので、使っていない  

どれも、「これがあったら便利なはず!」と思ったから購入したはずです。
しかし、最終決定する前に「自分に本当に必要か?」についてもっと検討する必要があったのかもしれません。

予算オーバー

続いての後悔が、「予算オーバー」です。注文住宅で家を建てると、多くの人が予算オーバーをしてしまいがちです。
これには、2つの原因があります。

● 家づくりにかかる費用と、その他の費用には何があるのか全体を把握していない
● 理想の設備をどんどん上乗せし、予算や本当に必要かどうかについてじっくり検討していない

住宅会社のモデルハウスで映画を楽しもう!!

この記事のライター

全国の住宅イベント情報はこちら

全国の住宅会社情報はこちら

iemiruPLUS無料定期購読