後悔しない家づくりの第一歩!理想の家ができる「家づくりノート」の作り方

後悔しない家づくりの第一歩!理想の家ができる「家づくりノート」の作り方

家づくりを始めるときに役立つ、家づくりノート!家づくりノートに書くべき内容や活かし方をご紹介します。


家づくりノートってなに?

人生で一番大きな買い物といっても過言ではないのがマイホーム。 「三回家を建ててやっと満足できる家が建つ」こんな言葉もありますが、よっぽどのお金持ちでない限りマイホームを買うのは人生で一度きりだと思います。 賃貸とは違い、家づくりの場合は取り返しが効かず失敗が許されないため、すごく慎重に決めていかなくてはなりません。

そんな大事な家づくりでオススメのアイテムが、今回紹介する「家づくりノート」です。

家族の作りたい家を明確にするためのツール

作りたい家のイメージはありますか? 家づくりノートとは、『自分がどんな家に住みたいか』のイメージを明確にするためのツールで、「間取り・家具の雰囲気・配置」など、自分が「いいな」と思ったものを書いたり、雑誌の切り抜きを貼ったりなど、なんでもメモしていくノートです。 家づくりノートを綿密に作り込んでいけば、「自分らしい家」が建つ確率がグンと上がります。

家づくりノートのメリット

イメージや好みがはっきりする

家づくりノートは「間取り・家具の雰囲気・配置」など、自分が「いいな」と思ったものをなんでもメモしていくものです。 こうしてメモをしていくことによって、自分の好みや、求めているもののイメージがはっきりします。

書いていくうちに新しいアイディアが湧いてくる

家づくりノートを作るということは、住宅に関する新しい情報をインプットし、それをまとめてアウトプットするということです。 そうした作業を繰り返していくうちに、理想の家を建てるための新しいアイディアが湧いてくることがあります。

情報を一元化できる

情報を一元化することによって、自分の求めているものが明確に見えやすくなります。 また、見返す際もとても楽なので、家族との意見交換や業者との話し合いにもとても便利です。

ノートにまとめるうちに家づくりの知識が増える

先ほども書きましたが、家づくりノートを作るということはインプットとアウトプットの作業の繰り返しです。

そうすることで新しい知識が入ってくるし、さらに定着もしてくれるので圧倒的に知識が増えていきます。また、家づくりノートを作っているため、「何かいいアイディアないかな」と、いつでも住宅に関するアンテナを張ることになるので、住宅に関する本や記事を読んだ時もさらに活用の幅が広がります。

家づくりノートにおすすめのノートとは?

マス目のある方眼ノート

マス目があることで、間取りのスケッチやパースが書きやすくなり、さらに切り抜きの写真などを貼る際にもキレイに貼れるのでマス目のある方眼ノートを選びましょう。

B5かB4の持ち歩けるサイズのノート

家づくりノートに限らず、何かアイディアが浮かんだ際に手元にすぐにメモがないと、ついついメモすることを後回しにしてしまうことがあります。

こうして後回しにしてしまったアイディアは、「あれ?なんだったっけ?」と、意外とすぐに忘れてしまうものですよね。 これではもったいないので、外出中でも思い立ったらすぐにメモを取れるように持ち歩けるサイズのノートにすると良いでしょう。

後からページが増やせるノート

この記事のライター

関連するキーワード


家づくりノート

最新の投稿






竣工とは? 前後の流れや竣工式についても知っておこう!

竣工とは? 前後の流れや竣工式についても知っておこう!

本記事では「竣工」の基本的な知識をはじめ、建築工事終了前後の流れや「竣工式」について分かりやすく解説します。事前に知っておくことで、「竣工」前後のイベントを無事に乗り切りましょう!


全国の住宅イベント情報はこちら

全国の住宅会社情報はこちら

iemiruPLUS無料定期購読

R a n k i n g


>>総合人気ランキング
Icon pict arrow up 01