よく分かるウッドデッキ解説!憧れのウッドデッキのメリットデメリットをまとめました

よく分かるウッドデッキ解説!憧れのウッドデッキのメリットデメリットをまとめました

-

_


いまさら聞けない!ウッドデッキってなに?

「広い玄関に明るいリビング、使いやすく快適なキッチンダイニング。そして家の外に目を向けると、ウッドデッキの先には緑色の芝生がまぶしく光っている。」なんていう家に憧れませんか。家づくりでは、間取りや壁紙の色など家の内部ばかりに目が行きがちですが、ウッドデッキも家を形成する上で非常に重要な空間と言えます。

ウッドデッキを知ることは家づくりの可能性を広げる要素となるのです。 ウッドデッキの事をあまり知らない方はもちろん、知っている方には再確認する意味でも、ここではウッドデッキの意味や材質、メリット・デメリットなどにスポットを当てて考えてみたいと思います。

ウッドデッキは庭に面した木製テラスのこと

ウッドデッキとは、木材または木材と樹脂を混ぜ合わせた合成木材などで作られた屋外に設置される木製のテラスの事を指しています。一般住宅などでは家と庭の間に設置されることの多いウッドデッキは、家からウッドデッキへの接続する部分を、家の高さとウッドデッキの高さを同等程度にする必要があるため、木材の下に土台となる部分を設置して家の高さと合わせるように平らに設置されます。この構造こそがウッド(木)デッキ(平らな部分)となるわけです。

ウッドデッキはほとんどの場合、家の構造物として扱われることはありません。基本的にウッドデッキは、エクステリアの一部として扱われていますので、設置する場合も家の建築とは別の工程や工賃になることが一般的です。しかし、実際にウッドデッキを設置してみると、家と庭を繋げる屋内と屋外に挟まれた「自由なスペース」として、生活の中でさまざまな場面で活用されているようです。

ウッドデッキの使い方

ウッドデッキは家と庭の間にある自由なスペースといったところで、家の一部でもあり庭の一部でもあると言える場所です。ではウッドデッキが設置されている事で、いったいどのような使用方法が想定できるか考えてみましょう。

ホームパーティなど家族団欒スペースが増える

ウッドデッキは、広さにより使い方も様々です。人一人が腰かけられるウッドデッキであれば、簡易的な椅子や机として使うこともできますし、簡易的な荷物置きとして使用することもできます。また、ウッドデッキの広さが数人乗れるような場合は、その上で食事をしたりちょっとしたパーティーなどをすることもできます。

特に家の中から外へ道具を持ち運ぶ時にウッドデッキは重宝します。ウッドデッキは基本的に家と密着していますので、窓を開ければ家の中の物を簡単にウッドデッキへ持ち出すことができます。ホームパーティーなどを楽しむ時には、食器や食材、調味料、机、椅子さらには子供用のおもちゃまでさまざまな物を簡単に屋内から屋外に運び出す事ができます。また、食べ終わった後の片付けもウッドデッキがあれば、部屋まで運び込む距離が短く比較的簡単にできます。

もちろんウッドデッキに十分な広さがあれば、バーベキューコンロを広げて炭火でバーベキューなんてこともできますし、炭を熾す手間が面倒くさいなんて場合は、家の中から延長コードなどで電源を引っ張りだしてホットプレートで焼き肉といったことも簡単にできます。また、屋内では少し抵抗がある揚げ物などの油を使う調理も、屋外であれば臭いなど気にすること楽しむことができます。さらに、冬場でも電源を使えばストーブも使えますし、鍋などで暖まりながら澄んだ空を家族で見上げるなんて時間も堪能できます。

いつもの屋内で食事をする時と雰囲気が違うだけで、子供たちも喜びますし家族との会話も自然と弾んでくるもので、屋外にも家族団欒のスペースを設けることができるのです。

ガーデニングやDIYなど趣味も楽しめる

ウッドデッキはオープンスペースとしても有効に活用することができます。ガーデニングなどで鉢植えに土を入れるなど作業をする時も、ウッドデッキの上で行えば、作業中に土がこぼれ落ちてしまったとしても、特に気にする必要が無く作業を進めることができます。また、屋外なので水も容易に扱うことができますので、草花に水を与えながらウッドデッキに腰をかけて作業を進めることなども可能です。ウッドデッキに簡易的なプランターを設置してハーブなどを栽培すれば、摘み立てで新鮮ハーブを食卓に出すこともでき、料理の幅もひろがることでしょう。

また日曜大工が趣味で、棚や机など日常の簡単なDIYを行う場合も、木くずが出ても気にする必要がありませんし、ノコギリを使う場合や出来上がった棚などに塗装を施す場合にも作業台としても活用することができます。屋外のスペースで趣味の作業が出来るので、汚れやゴミなどを気にすることなく趣味を思う存分楽しむことができます。最近では家で組み立てる大型家具などが販売されていますが、そういった家具でもウッドデッキで作業を行えば、床の傷などを気にすることなく作業を進めることができるというわけです。

ペットやお子様の遊び場になる

ウッドデッキの上で子どもの外遊びをさせることもできます。広さがあるウッドデッキであれば、ビニールプールなどを広げることもできますので、夏場には重宝すると思います。ビニールプールで思い切り遊んだ後は裸足で土などを歩くことなく室内に入れるので、汚れを気にする必要もありません。また、机などを出して粘土遊びなんていうのも良いでしょう。屋内では気になってしまう粘土の汚れも、屋外のウッドデッキであれば万が一粘土で汚れてしまってもホースとデッキブラシで洗い流せますから、細かいことを気にすることなく子どもを伸び伸びと遊ばせることができます。お絵描きや書道などで床が汚れることを心配する必要がありませんので、親としても気が楽ですよね。

また、ペットなどを外で遊ばせる際にも、芝生などの上だとダニやノミなど虫が付くトラブルがありえますし、土の庭の場合は足の汚れを拭き取る手間がありますが、ウッドデッキの上であれば虫などのトラブルは起きにくいですし泥で汚れることもありませんので、安心して外の空気を吸わせることができます。

バルコニーの変わりに物干しスペースにも

ウッドデッキが設置される場所は、大体の場合が日当たりの良く風通しが見込める場所となります。そんな場所はまさに洗濯物を干す場所としては最高のスペースだと思いませんか。洗濯機から庭の物干しスペースや2階のベランダに洗濯物を持ち出す苦労を考えると、家の中と繋がっているウッドデッキで洗濯物を干した方が労力的にも断然違います。また、夏場など突然の雨に見舞われても、洗濯物をすぐ取り込めますし物干し台の大きさによっては洗濯を干している台ごと家の中に退避させることもできますので、ウッドデッキで洗濯物を干すというのもなかなか良い方法だといえるでしょう。

ウッドデッキのデメリット

ウッドデッキの魅力については何点か挙げてきましたが、ウッドデッキを知る上ではデメリットも知る必要があります。それではウッドデッキにはどういったデメリットが考えられるでしょうか。

日々のお手入れが必要

ウッドデッキはカバーやシートなどを掛けることは無く、基本的には雨や風にさらされている状態で設置されています。そのため、雨や風はもちろんのこと太陽からの熱や砂ぼこりなどさまざまな外的要因により、月日が経つとどうしても劣化をしてしまいます。そういったことを防ぐために日頃から砂ぼこりを洗い流したり、雨水を拭き取ったりするなどの手入れが必要となります。ウッドデッキを設置しない場合はこういった行為が必要ではありませんので、設置した場合のデメリットと言えるでしょう。

定期的なメンテナンスが必要

この記事のライター

関連するキーワード


ウッドデッキ

最新の投稿





竣工とは? 前後の流れや竣工式についても知っておこう!

竣工とは? 前後の流れや竣工式についても知っておこう!

本記事では「竣工」の基本的な知識をはじめ、建築工事終了前後の流れや「竣工式」について分かりやすく解説します。事前に知っておくことで、「竣工」前後のイベントを無事に乗り切りましょう!



全国の住宅イベント情報はこちら

全国の住宅会社情報はこちら

iemiruPLUS無料定期購読

R a n k i n g


>>総合人気ランキング
Icon pict arrow up 01